WITH

「暗闇」×「ボクシング」×「音楽」が相乗効果を生む。【 「b-monster」塚田眞琴氏が語る フィットネス最前線 その4】

堀江貴文氏は9月5日、「b-monster」の塚田眞琴副社長(当時、現在は代表取締役)を取材。新感覚のボクササイズ「b-monster」について話を聞いた。(初回配信日:2017年9月11日)

副社長は大学3年生のときに起業し、現在22歳

堀江 でも、こういうスタジオ1店舗に2億円とか、ふつうかけないですよ。2億円かけて「全然、お客来ないよ。大失敗だよ」ってなったら怖いですから。こんなものに最初からお金をかけられる人っていないですよ。

塚田 こんなものに(笑)。

堀江 やっぱり、億のお金をかけるっていったら、相当な勝算がないとみんなお金を貸してくれませんよ。銀行なんか絶対に貸してくれないですよ。

塚田 そうですね(笑)。

堀江 ここまできたら、借金なんですぐ返せるんじゃないですか?

塚田 でも、利益が出る前に次の店舗を出しちゃうので、実はまだ返しきれていないんです。

堀江 まー、それは別にいいんじゃないですか。だって、まだ若いですもんね。

塚田 今、22歳です。

堀江 大学とかは行かなかったんですか?

塚田 大学は行ってたんですけど、3年生のときにこれを始めて辞めちゃいました。

堀江 そうなんだ(笑)。すごいな。

塚田 全然関係ない学部だったんですよ。だから、行ってもしょうがないなと思って。

堀江 何学部だったんですか?

塚田 法学部の政治学科でした。

堀江 ああ(笑)。

塚田 政治を学んでもねえ(笑)。

堀江 全然、関係ないですもんね(笑)。

塚田 そうなんです。

堀江 そうか。また、これからもいろいろとお話を聞かせてください。今日はいろいろと楽しかったです。ありがとうございました。

塚田 こちらこそ、ありがとうございました。

その1はこちら

塚田 眞琴 Makoto Tsukada

「b-monster」取締役、1994年生まれ。大学3年生のときに起業し、暗闇ボクシングフィットネス「b-monster」をオープン。現在、代表取締役